Scratch»パターン»スプライトをならべる スプライトを1列にならべる

りんごのスプライトを1つつかいます。

はたボタンがおされたとき【りんごX】を0にする

【りんごx】を0にするスクリプト

【りんごX】という変数へんすうをつくり、ブロックをならべましょう。

位置いちをかえながらりんごのクローンをならべる

位置を変えながらならべるスクリプト

【りんごX】を1ずつふやし、しき変数へんすうをつかうことで、位置いちをかえることができます。

位置を変えながらならべるスクリプトの説明

一番いちばんひだりのりんごのx座標ざひょうは-195で、それからみぎに65ずつずれてりんごがならべられています。

クローンのもとになっているスプライトをかくす

クローンの元になっているスプライトを隠すスクリプト
はた】がクリックされた時の動作どうさ
  1. 変数へんすう「りんごXエックス」を「0」にする。
  2. かくす。
  3. 「7」回、4~6をくりかえす。
  4. X座標エックスざひょうを「-195 + 『りんごXエックス』 * 65」、Y座標ワイざひょうを「-80」にする。
  5. 自分自身じぶんじしんのクローンをつくる。
  6. 変数へんすう「りんごXエックス」を「1」ずつかえる。
クローンされた時の動作どうさ
  1. 表示ひょうじする。