JavaScript»基礎»条件分岐のif文 条件をみたしている時とそうでない時で、アラート内容を変える

ファイル名: js-basic/quest_00131.html

数をたずねるプロンプトを表示ひょうじして、10以上いじょうの数が入力されたら「うむ、よろしい」、10より小さい数が入力されたら「10以上って言ってるやん」、とダイアログを出すプログラムを書きましょう。

プログラムを実行

ソースコード

const num = prompt("10以上の数を入力してください");

if (num >= 10) {
  alert("うむ、よろしい");
} else {
  alert("10以上って言ってるやん");
}

解説

ifのあとの条件じょうけんが正しくなかったとき、elseのあとの{}の中が実行じっこうされます。
「もし○○なら~、でなければ~。」と考えましょう。