Scratch»パターン»あたり判定 あたり判定 スプライトとクローン[片方]

普通ふつうのスプライトとクローンされたスプライトがあたったとき、クローンされたスプライトだけがきえるプロジェクトをつくります。

恐竜きょうりゅうむしのスプライトをつかいます。

恐竜きょうりゅう位置いちをきめる

位置を決めるスクリプト
はた】がクリックされた時の動作どうさ
  1. X座標エックスざひょうを「-200」、Y座標ワイざひょうを「-100」にする。

むしのクローンをつくる

クローンをつくるスクリプト
はた】がクリックされた時の動作どうさ
  1. ずっと、2~3をくりかえす。
  2. 自分自身じぶんじしんのクローンをつくる。
  3. 「1」びょうまつ。

クローンされたむし右端みぎはしから左端ひだりはしまでうごいてきえる

端から端まで移動して、端についたらクローンを消すスクリプト  
むしのスクリプト
むしがクローンされた時の動作どうさ
  1. X座標エックスざひょうを「240」、Y座標ワイざひょうを「-130」にする。
  2. 「48」かい、3をくりかえす。
  3. X座標エックスざひょうを「-10」ずつかえる。
  4. このクローンを削除さくじょする。

クローンされたむし恐竜きょうりゅうにあたるときえる

スプライトに触れると消えるスクリプト
むしのスクリプト
むしがクローンされた時の動作どうさ(その2)
  1. きょうりゅうにふれるまでまつ。
  2. スプライトのほかのスクリプトをとめる。
  3. このクローンを削除さくじょする。

クローンのもとになっているスプライトをかくす

元になっているスプライトを隠すスクリプト
むしのスクリプト

ならべたらはたボタンをおしてみましょう。