JavaScript»基礎»2次元配列 配列をもとにマップを表示する

ファイル名: js-basic/quest_00341.html

2次元配列じげんはいれつのデータをもとに、図のようなマップをキャンバスに表示ひょうじしてください。画像がぞうは下のリンクからダウンロードできます。

画像をダウンロード

ソースコード

2次元配列じげんはいれつのマップデータ例です。内容は自由にかえてください。

const map = [
  [ 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0 ],
  [ 0, 6, 7, 1, 4, 1, 3, 0 ],
  [ 0, 8, 9, 1, 5, 1, 1, 0 ],
  [ 0, 1, 1, 1, 0, 0, 1, 0 ],
  [ 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 0 ],
  [ 0, 1, 1, 1, 1, 2, 2, 0 ],
  [ 0, 0, 1, 2, 2, 2, 0, 0 ],
  [ 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0 ]
];

ヒント

今回の二次元配列も”何番目”の要素が座標になっています。 ではその中に入っている数字にはどのような意味を持たせているでしょうか
ゆっくりと考え、マップを描写しましょう。