JavaScript»基礎»配列 プロンプトに入力された数を配列にいれておき、あとで全部たす

ファイル名: js-basic/quest_00326.html

プロンプトに入力された数を配列にいれておき、あとで全部たして、結果を表示してください。

プロンプトは「キャンセル」が押されるまでくりかえし出して、「キャンセル」が押されたときにそれまで入力された数の合計を表示します。

結果だけでなく、式も表示するようにしてみます。

プログラムを実行

ソースコード

const numbers = [];

while (true) {
  let num = prompt("数を入力してください", 0);
  if (num === null) {
    break;
  }
  num = parseInt(num);
  numbers.push(num);
}

let sum = 0;
numbers.forEach(function(num) {
  sum += num;
});

const expr = numbers.join("+") + "=" + sum;
alert(expr);

解説

配列を作るとき、中身をからっぽにしておくこともできます。
pushは配列に値を追加します。すでに入っている値を書きかえるわけではなく、後ろにどんどん書き加えていきます。