JavaScript»基礎»関数 身長と体重をわたすと、BMIを返す関数

ファイル名: js-basic/quest_00182.html

下のソースコードに必要なプログラムを書き加えて、BMIを表示ひょうじするプログラムを完成させてください。

プログラムを実行

ソースコード

// ここに、BMIを計算する関数 calcBMI を書いてね
// calcBMI は、身長[cm]と体重[kg]をうけとって、算出したBMIを返します

// ここから下は変更しないこと
const height = parseInt(prompt("身長[cm]: "));
const weight = parseInt(prompt("体重[kg]: "));

alert("あなたのBMIは: " + calcBMI(height, weight));

ヒント

関数の処理は数行にわたって記述することも出来ます。
BMIの計算方法は

体重(kg) ÷ 身長(m)の2乗

です。2乗とは同じ数字を2回掛ける計算です。

今回の場合、身長の数字に同じ数をかけた後、その数字で体重を割る、という計算をすることで
BMIを出すことが出来ます。この時、身長の2乗というややこしい計算が出てきますのでこちらだけ先に
変数に入れておくと見やすくなります。

// 変数"num"に身長の2乗を格納する
const num = //ここに身長の2乗を求める計算式

その後、改めてBMIを計算しましょう。

BMIの計算結果がおおよそ”17~22″程度なら正しく計算できています。
この数字から大きく離れてしまっている場合、どこかで計算をミスしていますので
計算式を見直してみましょう。