JavaScript»基礎»くりかえしのwhile文 数あてゲーム

ファイル名: js-basic/quest_00169.html

数あてゲームを作ってください。1から100までのランダムな数をひとつ作って、その数が何かを当てるゲームです。正解したときに、何回で当てられたかを表示します。入力された数が正解より小さければ「もっと大きい数です」、大きければ「もっと小さい数です」とアラートを出し、正解するまでくりかえしプロンプトを出してください。

プログラムを実行

ソースコード

const num = Math.floor(Math.random() * 100) + 1;
let count = 0;
let answer;

while (answer !== num) {
  answer = prompt("さていくつでしょう?");
  answer = parseInt(answer);
  count++;
  if (answer < num) {
    alert("もっと大きい数です");
  } else if (answer > num) {
    alert("もっと小さい数です");
  }
}
alert("正解! 正解までにかかった回数: " + count + "回");

解説

while文は()の中が正しいあいだ{}の中の命令をくりかえします。今回はwhile文の中にif文を入れて、不正解のときヒントを出しています。
parseIntは()の中を整数にします。