JavaScript»基礎»比較演算子 数と数をくらべる

ファイル名: js-basic/quest_00140.html

数をたずねるプロンプトを表示ひょうじして、10が入力されたら、「うむ、よろしい」とダイアログを出すプログラムを書きましょう。

プログラムを実行

ソースコード

const num = prompt("10と入力してください");

if (parseInt(num) === 10) {
  alert("うむ、よろしい");
}

解説

if文の条件(丸かっこの中)には、数と数をくらべるコードを書きます。下のひょうのように、いろいろなくらべかたがあります。

コード 意味いみ
num === 10 numが10と等しい
num !== 10 numが10と等しくない
num > 10 numが10より大きい
num >= 10 numが10以上いじょう
num < 10 numが10より小さい
num <= 10 numが10以下いか