JavaScript»基礎»条件分岐のif文 年齢に応じて3通りの入場料を表示する

ファイル名: js-basic/quest_00136.html

年齢ねんれいをたずねるプロンプトを表示ひょうじして、入力されたのが60以上いじょうなら「シルバー料金800円」、そうでなく、18以上いじょうなら「普通料金1200円」、どちらでもなければ「こども料金600円」とダイアログを出すプログラムを書きましょう。

プログラムを実行

ソースコード

const num = prompt("ねんれいは?");

if (num >= 60) {
  alert("シルバー料金800円");
} else if (num >= 18) {
  alert("普通料金1200円");
} else {
  alert("こども料金600円");
}

解説

上から順番じゅんばん条件じょうけんに合っているかチェックしていきます。
「でなければ」のelseと「もし○○なら」のifを組み合わせて、「○○でなく、もし△△なら」と、どんどん分岐ぶんきを増やせます。