JavaScript»基礎»ランダムな数をつくるMath.random() ランダムな整数を作ってみる

ファイル名: js-basic/quest_00114.html

下のソースコードをうつして、0から9までのランダムな整数せいすうを作り、表示ひょうじしてみましょう。

プログラムを実行

ソースコード

const num = Math.floor(Math.random() * 10);
alert("ランダムな整数: " + num);

解説

Math.random()が作る数は0以上いじょう1未満みまんです。よって、10ばいすると0以上いじょう10未満みまんの小数になります。