JavaScript»基礎»ランダムな数をつくるMath.random() ランダムな数をつかってみる

ファイル名: js-basic/quest_00109.html

下のソースコードをうつして、0以上いじょう1未満みまんのランダムな数を作って表示ひょうじしてみましょう。

プログラムを実行

ソースコード

const num = Math.random();
alert("ランダムな数: " + num);

解説

下記の”Math.random()”の部分で0以上1未満(1の直前まで)の範囲でランダムな数を作り、変数”num”に格納しています。

const num = Math.random();

プログラムを作っていく上でランダムな数字を使用する機会は多く存在します。
しっかりとマスターしていきましょう。