Java»基礎»switch文 switchを使おう

以下のコードをコピーして、コメントアウトを読みながら実行してください。

クラス名:SwitchPractice

java IfPractice
public class SwitchPractice {
	public static void main(String[] args) {
		
		/*
		 * javaの条件分岐には、if-ifelse-elseのほかに、switch文があります。
		 * 
		 * switch(変数や計算式)
		 * case n1:	処理1;
		 * case n2:	処理2;
		 * case n3:	処理3;
		 * default:	基本処理;
		 */
		
		int i = 2;
		switch(i) {
		case 1:
		// もしiが1ならここから下が処理される
			System.out.println("1");
		case 2:
		// もしiが2ならここから下が処理される
			System.out.println("2");
		case 3:
		// もしiが3ならここから下が処理される
			System.out.println("3");
		}
		
		/*
		 * switchはif-elseif-elseと似ています。
		 * しかし、実行するとわかったと思いますが、上の例では、2 3と表示されたはず
		 * elseifのように使用したいときは、caseの処理後そのままswitch文から出る必要があります
		 * そういう場合使用するのがbreak;というものです。
		 * もしbreakを通過した場合、その行以降のswitch処理は全て飛ばされます。
		 */
		
		switch(i/2) {
		case 1:
		// もしiが1ならここから下が処理される
			System.out.println("1");
		case 2:
		// もしiが2ならここから下が処理される
			System.out.println("2");
			break;
		case 3:
		// もしiが3ならここから下が処理される
			System.out.println("3");
		}
		
	}
}