Java»基礎»Javaプログラムの書き方 エスケープシーケンス

以下のコードをコピーして実行してください。

クラス名:EscapeSequence

java EscapeSequence
public class EscapeSequence {
	
	public static void main(String[] args) {
		
		/*
		 * 	プログラムを書く上で覚えておくべきものがあります。
		 * 	エスケープシーケンスといい、¥または\から始まるアルファベットのことです。
		 * 	具体的には出力などの制御に用いられます。
		 */
		
		/*
		 * 	¥n 改行				¥' シングルクォーテーション
		 * 	¥t タブ				¥" ダブルクォーテーション
		 * 	¥b バックスペース		¥¥ ¥文字
		 * 	¥r 復帰				¥f 改ページ
		 * 	以上のようなものが定義されています。下半分はあまり使いませんが、改行などは非常によく使います。
		 * 	また、'や"は、プログラムを書く上で、データなのかプログラムなのかマシンに勘違いさせないようにするためです。
		 */
		
		System.out.print("こんにちは!javaへようこそ!\n私の名前は\"プログラム\"!");
		
	}
	
}